また、社会に出て働ける喜び

私は、この1年半ほど無職でした。働く意欲は有るのですが、60歳近い年齢と、長年営業の仕事をしていただけで、何の資格もスキルも無かったものですから、いくらハローワークに行っても、全然仕事は見つかりませんでした。仕方なく、ほぼ毎日図書館に行って、英語の勉強をしながら時間を潰していました。嫁さんが働いていて、私の預貯金も幾らかはあった為、生活には困らないとはいえ、とても詰まらない、情けない毎日を送っていたのです。暇つぶしに、毎日のようにこのブログを書いていましたが、心はちっとも晴れませんでした。それどころか、図書館の近くにいろんな会社があるものですから、その社員の人達が、首からIDカードをぶら下げて歩いているのをしばしば目撃します。そして、彼らを見る度に、羨ましくて、羨ましくて、妬ましくて、悔しくてたまりませんでした。『あ~っ、ホントに羨ましいなあ。給料が一万円でも良いから、俺も働かしてくれないかなあ』と彼らを見る度に、心の中で涙を流しながら、歯ぎしりしていた程でした(私は、表現が少し大袈裟になるクセがありますけど)。ところが、幸運にも、なんと私は、この9月1日から某会社に臨時社員として採用される事になったのです。そして、今現在、あの憧れのIDカードと似た物を首からぶら下げながら、仕事をしているのです。もう毎日が、嬉しくて、嬉しくてたまりません。不倫相手の彼女が出来た時以上に、とても楽しい毎日です。
画像
初め頃なんか、用事もないのに、そのIDカードをぶら下げて、町の中をあちこち歩き回っていたくらいです。それにしても、今まで、いろんな所の面接を受けたり、履歴書を送っていても、さっぱりダメだった私が、何故採用されたのか?ある時、上司にそれとなく聞いてみました。今まで私がハローワークなどで就職の応募した時は、ほとんどの場合は、募集受付の翌日でも、『今すでに、12人の応募がありますね』などと窓口の人が教えてくれていました。ところが、今回の場合は、募集期間の三週間を過ぎても、私を含めてたった二人しか応募が無かったそうです。『えっ、何でそんなに少なかったの?』それは、給料が安い割には、あまり人がやりたくない仕事だったからでしょうね。いずれにしろ、私は今、とても楽しく仕事をやらせて頂いています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン メガネ

    Excerpt: また、社会に出て働ける喜び boxster/ウェブリブログ Weblog: レイバン メガネ racked: 2013-07-05 16:41