ヤンママに胸かきむしる恋心.18

ラブホのベッドに、メチャクチャ可愛いくて、ムチムチしてエロっぽい、それでいて、きゅっと引き締まったボディの39才のヤンママが、スラリと伸びた片脚だけを布団から出して、かすかな寝息を立てながら寝ています。部屋の微かな照明に、お尻(は見えませんが)のちょっと下あたりから膝にかけて、白色に近い薄茶色の、すべすべした素肌の太股が、しっとりと浮か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤンママに胸かきむしる恋心.17

寝ても覚めても、片時も忘れられないほど大好きなヤンママが、私と同じベッドで、すぐ横に寝ているのです。『ああ、抱きしめたい。ギュッと抱きしめたい。ホントに抱きしめたい。彼女の素肌に触れて、匂いをかぎたい。』私は、自分の感情が、気持ち悪くなるくらい昂ぶり、異常な状態になっている、と自分で分かりました。私は、かなりお酒を飲んでいたのですが、夜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤンママに胸かきむしる恋心.16

タクシーで○○市のラブホに着いて、フロントのパネルを見ると、土曜の夜でしたが、幸い空室が3つありました。『どれにしようかな、、』と言うと、ヤンママが『これにしよう、305!』と、指さします。(おっ、慣れてるな)と思いながら、エレベーターに乗って部屋に入ると、彼女は、まず風呂に行って、バスタブにお湯を入れはじめ、次に、ドリンクと食事のメニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤンママに胸かきむしる恋心.15

土曜日の夜、家で一杯飲みながら晩飯を食べ終わったころ、突然、私が胸をかきむしるほど大好きなヤンママからメールが来ました。8時半過ぎごろです。『飲み行く?無理ならいいからね』というので、(どうしようか?)と一瞬躊躇ったのですが、彼女に会いたい気持ちの方が強くて、出かけました。待ち合わせた場所に行くと、彼女は、急いで家を出てきたのか、素足に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤンママに胸かきむしる恋心.14

彼女が、何故か不機嫌そうな顔をして、出勤して来ました。午後から外回りに出た時、『なんか、元気なさそうだね。体の調子が悪いの?』と声をかけてみました。『うん、体がしんどいし、関節のあちこちが痛いし、もう、マジえらい』と言う。それはそうだろう。毎朝4時半に起きて、旦那や子供の弁当と朝食を作って、洗濯物を干して、小さな子供を背負ったまま片付け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤンママに胸かきむしる恋心.13

ヤンママに胸かきむしる恋心を抱いたまま、彼女に会える嬉しさと苦しみに翻弄されながら、数か月たちました。その間にも、彼女から、しばしばエッチな話題を投げかけられ、それに対して、私が精一杯のアタックをするのですが、ある程度は近づけても、どうしても、彼女を落とす事が出来ません。私は、何度も、『オレの彼女になって!』と言うのですが、いつも『お結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

援助交際は悪か?パート.4

援助交際をしていたなつきは、それまで付き合っていた中年おじさんに、はっきりと別れを宣言しました。そして、拓海と恋人の関係に戻ろうとするのですが、なかなか、うまく行きません。そりゃあ、そうでしょう(^_^.)。エロに見境のない中年おばさんならともかく、同じ高校に通うクラスメートの女の子、しかも、とびっきり可愛い女子高生が、援助交際している…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

援助交際は悪か?パート3

『頭文字D』というコミックは、走り屋のバトルを描いたストーリーです。(私は、ブログでアフェリエイトなどの金儲けは一切していないので、このコミックの借用をお許しください)その中の主人公は、超人的なドリフトコントロールをする、イケメンの男子高生の『拓海』で、その彼女も、同じ高校に通う『なつき』というとても可愛いくて、かなりエッチぽい女の子で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

援助交際は悪か?パート.2

ヤンママは、自分が若い時に援助交際していた事に対して、ほとんど罪悪感が感じられない、というあっけらかんとした態度でした。私も、自分の今までの女性に対する行動が、必ずしも品行方正ではなかった、と承知しています。ソープにも何十回か行っていますし、人妻援助クラブでセミプロみたいな彼女たちと、エッチもしました。私が30~40歳代半ばくらいの時、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

援助交際は悪か?

『売春』と似ている行為に、『援助交際』と言うのがあります。『援助交際』というと、主に、女子高生を中心にした10歳代の女の子が、小遣い欲しさに体を売る、というイメージですね。『援助交際』なんて、いかにも男女が交際していて、デートの後にお金は貰うけど、それほど悪い事をしている訳じゃない、みたいな印象がありますが、その実態は、立派な『売春』な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

売春は悪か?

『売春』行為は、今の日本の一般社会の常識としては、悪い事と言われています。これは、主に女性が男に体を売って、お金を得る、という行為ですが、イヤらしい、卑しい、公序良俗に反する、恥ずべき行為だ、とされているからでしょうね。また、女性の地位を貶める、とか、女の体は男の性欲処理のための商品ではない、とか、妻や恋人に対する裏切り行為だ、とか、考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログの危険性

暫くブログを中断していました。元ヤンママへの一方的な恋が辛いからでしたが、某隠れファンの『カ○○さん』からの激励?があったので、再開しようとしていました。しかし、数日まえ、私の実家の姉から、強い抗議の連絡が来たのです。姉の夫は十数年まえに亡くなっていますが、かつて競馬の騎手をしていました。私は、4年前に、豊橋競輪場の事を取り上げた事があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供を虐待死させた親は死刑にしろ!

大阪で、3歳児の女の子が、両親に虐待されて死亡した、というニュースがありました。このようなニュースを知るたびに、極度の悲しみと、どう表現すればいいのか分からない無限の憐れみと、同情と、気が狂いそうな怒りを覚えます。なんという、無惨な事でしょう。亡くなった女の子に対して、もの凄い、絶望的な、息が詰まるほどの悲しみと、この胸が張り裂けるほど…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ヤンママに胸かきむしる恋心.12

『私だったら、金をもらうなぁ』というヤンママの言葉に、私の口からは『ええ~っお金をもらったらヤルの』と、マジに驚きの声が出ました。すると、彼女は、『私が、そのフィリピンの女の立場だったら、って事だよ』と、答えました。しかし、私は、彼女の言葉をそのまま受け入れる事は出来ず、(こんなに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヤンママに胸かきむしる恋心.11

『○○さん、昼用ナプキンと夜用との違いは、分かる?』と、ヤンママが、仕事中の車の中で、私に聞いてきます。話の前後に、何の脈絡もなく、いきなり、ナプキンの事を女の子から言われたのは、生まれて初めてです。突然何を言い出すんだ?と思いながら『えっ?分からんなぁ』と答えます。この可愛い、不良少女のような彼女が、私にエッチを連想させるような事を、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤンママに胸かきむしる恋心.10

『しきゅうが痛い...』と、ヤンママの彼女が、突然言います。車を運転中の私は『えっ!しきゅうが痛い?』と、思わず聞き返します。『うん、生理になっちゃった』と、彼女が答えます。私は『あっ、その子宮か!』と、分かって『生理の時は、痛いの?オレが揉んでやろうか(^_^)/~』と言うと、『揉むの?さするのじゃなくて?』と言うので、『じゃ、さすっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤンママに胸かきむしる恋心.9

男性の皆さんは、女性から、生理について話しかけられる事はありますか?例えば、男がエッチしたい時に、彼女がその気配を感じて、『今、生理なの..ゴメンね』と言われることはあるでしょう。しかし、そんな恋人どころか、友達でもない、職場の先輩、後輩の間柄で、しかも、二人ともお酒が入っている居酒屋とかならまだしも、昼間の仕事中だったら、どうでしょう…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ヤンママに胸かきむしる恋心.8

私が恋い焦がれるヤンママを思い浮かべながら、オナニーをした翌日、彼女は再び、白色の半袖シャツに、黒色のミニスカート姿で出勤して来ました。私は、『やった、またミニスカートだ。嬉しいな(^_^)/~』と、朝からウキウキしてきます。そして、昨日と同様に、午前中のデスクワークは、仕事とは思えないような、喜びに満ちて、楽しい時間だったのです。午後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤンママに胸かきむしる恋心.7

先週の月曜日の朝、私が職場について椅子に座った時、ヤンママの彼女がやって来ました。その彼女を見た時、私は思わず、『あらっ!』と声を出しました。なんと、彼女は、白色の薄い半袖サマーセーターに黒のタイトなミニスカートという、驚くような格好でやって来たのです。私の反応を見た彼女は、少し口元に笑みを浮かべただけで、自分の席に座りました。立ってい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ヤンママに胸かきむしる恋心.6

先日、約一月ぶりに、元人妻の彼女とデートしました。私は、欲求不満がとても溜まっていたので、ホテルにいた数時間の間に、エッチを二回もしました。しかし、やはり続けて二回もするのは息子もえらくて、二回目は、彼女の体を抱きながら、ヤンママの顔や胸やお尻を思い浮べて、『○○ちゃん...』と心のなかで言いつつ動いていたのです。それはさておき、仕事中…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more