女子陸上の華(はな)は華菜かな?

先日の第95回日本陸上選手権で、100メーターと200メーターの短距離走に優勝して二冠を達成したのは、誰あろう福島千里選手でした。
画像
福島選手は、今年になって、100メーターの予選と決勝で脚の痙攣を起していたので、今回はその再発が一抹の心配でしたが、結局は二種目ともちゃんと走れて、ぶっちぎりの優勝でした。インタビューに答える彼女のホッとした笑顔が、とても印象的でしたね。
画像
そして、もう一人の注目された人が、福島選手のライバルになりつつある市川華菜選手でした。彼女は、今回の陸上選手権で、二種目とも福島選手に次いで二位に入っています。市川選手は、そのタイムもさる事ながら、美貌とスタイルでも注目されていました(と思っていますが)。年は、福島選手より二才若い二十歳ですが、彼女は競技のスタート前にメイクアップするのです。
画像
ですから、スタート前に選手達が紹介される場面では、一人だけテレビ映りが際立って良いんです。もちろん、素顔も悪くはないですよ。この通り可愛いですよね。(あっ、これもメイクアップしているかな?)
画像
そして、もう一つの魅力は、その鍛え抜かれていながら、とてもセクシーなナイスバディです。ウエストがキュッとしまって、腰がバンッとはって、腹筋が割れています。
画像
福島選手も、とてもスレンダーな体つきで、それなりに可愛いのですが、市川選手とは、ちょっと違った分野にいます。二人が並ぶと、どうしても市川選手に目が行ってしまいますが、これは仕方ありませんね。
画像
こうなれば、福島選手のやるべき事は、唯一つです。彼女の今最大の目標であるオリンピックに出場して、日本人初の100メーターを10秒台で走って、日本中に感動を与え、歴史に記録を残すのです。そして、アスリートとしての本分で、市川選手をやっつけるのですよ。オリンピックの影響力は絶大ですからね。なにしろ、あの高橋尚子さんは、未だに、シドニーオリンピックの金メダリスト、という肩書が、日本中で水戸黄門様の印籠の如く通用しているのですから。
画像
でも、市川選手の体、なんかズームズームしませんか?
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック