boxster

アクセスカウンタ

zoom RSS 人妻に胸かきむしる恋心.8

<<   作成日時 : 2014/07/11 21:02   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

私が恋い焦がれるヤンママを思い浮かべながら、オナニーをした翌日、彼女は再び、白色の半袖シャツに、黒色のミニスカート姿で出勤して来ました。私は、『やった、またミニスカートだ。嬉しいな(^_^)/~』と、朝からウキウキしてきます。そして、昨日と同様に、午前中のデスクワークは、仕事とは思えないような、喜びに満ちて、楽しい時間だったのです。午後になって、いつものように二人で外交に出かけたのですが、その時、彼女は、防虫スプレーと痒み止めのムヒを持って来ました。昨日、外回りをしていた時、二人とも、何度か蚊に刺されたので、その対応策だったのですね。最初の家に行った時、彼女は車から降りて、自分の脚や腕に防虫スプレーを吹き付けたのですが、軽く屈んでするその仕草が、なんとも色っぽいのです。しかし、それでも、数軒の訪問をしている内に、彼女は何度か、蚊に刺されたのです。『あっ、刺されちゃった。もうっ!』と言いながら、車に乗り込んだのですが、『あっ、やだ。蚊が入ってきた!』と、言いながら、蚊を手で払いのけようとします。『えっ、蚊が入って来たの?あっ、ここにいる!』と言って、私は彼女の右腕をペチッと叩いて、左手で彼女の柔らかい二の腕を掴みながら、右手でその蚊を取り除こうとしました。ところが、蚊に見えたのは、実は、彼女の黒子だったのですね。『もうっ、プンプン』と、彼女は頬をフグの様に膨らませながら、抗議したのですが、その怒った顔の、また可愛いこと!おまけに、私は、彼女の柔らかいすべすべした素肌の二の腕を、ギュッと握ることが出来たのですから、大満足です。しかし、彼女は、その後、驚くような、大胆な行動にでます。『あっ、かゆい。脚も刺されちゃった』と言いながら、ムヒを取り出し、自分の脚にストッキングの上から、それを塗り始めたのです。
画像
『えっ?!』と思いながら、チラッと見ていると、『あっ、ここも、、』なんて言いながら、今度は、シートに座っているので、パンティが見えそうなくらいの、超ミニスカ状態になっているまま、大胆にも左右の脚を開いたり閉じたりしながら、太股の内側にもムヒを塗るのです。『えっ!え〜っ!!柔らかそうな、エッチぽい内股が見えるぞ!もっ、もう少しで、パンティも、、』私は仰天しながらも、彼女に悟られないようにしながら、チラチラと見つめ続けます。『ググッ、、ウッ、』と声を押し殺しながら、再び、私のお○ん○んが、立ってくるのが分かります。しかし、エアコンのあまり効かない、古いカローラの中、しかも二人きりの状態で、この様なエロっぽい姿を見せられて、もし、オレが理性を失って、彼女を襲ったとしたら、やはり、犯罪になるのでしょうか?勇気を奮って手を伸ばせば、すぐ届く近さに、なんともエロっぽい内股とパンティ(は、まだ見えません)があり、おまけに、狭い車内には、汗の匂いが混じった様な、女の匂いもほのかに漂っているのですよ。我慢できなくなって、襲ったって、ちっともおかしくない状態なのです。その時は、少しは、情状酌量してくれないのでしょうか?妄想癖の強い私の頭は、またもや、暴走を始めたのです。
画像
『ああっ、あの柔らかくてエッチぽい内股に触りたい!パンティの上からでもいいから、彼女の匂いを嗅ぎたい!』私はその夜、また、彼女の可愛い顔や内股を思い浮かべながら、オナニーをしてしまいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人妻に胸かきむしる恋心.8 boxster/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる