テーマ:落語

秀逸な落語、古今亭今輔の『ラーメン屋』

私は落語が大好きですが、好みの噺家の中でも、桂枝雀師匠と並んで、古今亭今輔(五代目)師匠が大のお気に入りです。もう二十年くらい前にテレビかラジオで初めて聞いたのですが、その時、感動して涙をこぼしながら聞いた落語がこの『ラーメン屋』だったのです(当時、既に今輔師匠は亡くなっていました)。昨日、H図書館で借りた落語のCDが、まさに20年くら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天才、桂枝雀師匠と英会話、パート2

私の知る限り、枝雀師匠ほど早口で淀みなく、一気呵成に喋りまくる噺家はいないでしょう。(この写真は何って?あまり注目度が高くない落語への関心を引くために、私の好きな内山理名さんの力をお借りしたんですよ(^v^))当然ですが、常に早口なのではなくて、状況に合わせて、抑揚をつけながらゆっくり話したり、とてつもなく速く喋ったりします。それも、単…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天才、桂枝雀師匠と英会話

私は今、英会話を独学で勉強しています。もう、5か月になりますが、一向に使い物になりません。また同時に、私は20歳代の若い頃から落語が大好きで、東京に行った時には浅草や上野の演芸場にもよく行きます。(現在私はS県に住んでいて、年に数回東京に行きます)そして、もう約10年ほど前に亡くなりましたが、桂枝雀師匠が私の一番好きな落語家でした。この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素敵な温泉、湯風景しおり。その2

温泉は良いですよね。できればこの様な、ピュアで、頭が良さそうで、芯が強そうで、清楚な美しさがあって、ガードが堅そうで、締まった体付きで、それでいて、そこはかとない女性の色気を感じさせてくれる女性と一緒に行きたいものです。『あんたは、一体何が言いたいんでっか?!(桂枝雀師匠が落語の高座で話す口調のイメージ)』話が脱線しましたが、『湯風景し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

.鈴本演芸場、蜃気楼龍玉

蜃気楼龍玉師匠(三代目)が話した『親子酒』の一席は、落語ファンの方は御存じと思いますので、内容の説明は省きますが、ほとんど原作の筋のままでしたね。(原作の噺の内様に付いては、NHKの『ためしてガッテン』の司会を務めている、落語家の立川志の輔さんが書いた『古典落語100席』を参考にしました)場面は、酒飲みの親子が禁酒の誓いをしたのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京は上野の鈴本演芸場

先週、東京へ行く時は、落語家、桂枝雀師匠の発売されたばかりのCDを聴いていました。久しぶりに聞く桂師匠の落語は、『代書』と『親子酒』でしたが、以前と変わらず大変面白くて、東名高速を降りてから、環七の渋滞中にはまった時にも、また二度三度と聞いていて、御蔭さまで渋滞がちっとも苦にならず、『わぁっはっはっは~』と笑ってばかりでした。それで、東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more