テーマ:バイク

『ならここの湯』温泉

静岡県の掛川市に『森の都温泉、ならここの湯』という、日帰りの素晴らしい温泉施設があります。先日、125ccのヤマハスクーター(シグナスX SR)を買ったので、ならし運転を兼ねて行ってみました。我が家からは、片道で約70キロの距離です。温泉の入口の右に見える赤いスクーターでやって来ました。このスクーターは、普通のオートバイと比べてホイール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊橋競輪と浜松オートレースのレースクイーン

のんびりと余生を過ごしている年寄り連中がいるなか、豊橋競輪場のイベント広場には、レースクイーンのような女の子がいました。今日は、浜松オートレースの宣伝を兼ねて、オートレーサーと競輪選手のトークショウなどが開催されているんですよ。浜松オートレース場のこの女の子は(ミニスカートにHAMAMATSU AUTORACE の文字が有りますね)、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイクの祭典10

例の女の子をまた、撮って見ました。なんとなく良い感じの娘さんでしょう?おまけに働き者です。しかし、もっとましな絵は無いのかなって?あとでトライしてみます。会場内もだいぶ空いてきました。この様な、小さいレプリカの様なマメタン、というかミニバイクも、いくつかのグループに分かれて来ていましたが、それぞれ特徴が違いますね。目立ちたい方にふるとか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイクの祭典9

バイク達が帰る時、会場の出口では、主催者の人が、ずーと長い間マイクで呼びかけていました。『どうもありがとうございました。どうか安全運転でお帰り下さい。また、来年ここで会いましょう。気を付けて無事に帰って下さ~い』などと言っています。さて、この白いセーターを羽織ったジーンズの女の子はなんでしょう?主催者側の関係者の1人でしょうね。会場内の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイクの祭典8

お昼近くになると、かなり帰る人達が出てきました。すると、今まで気が付かなかった所に、随分ワイルドなバイク達が有りました。どうもかなり古そうですが、野性味プンプンで、埃だらけで、なにかアメリカの西部劇に出てくるカウボーイの様な雰囲気ですね。このバイクなんか、前後ともフェンダーが無いので、晴れた日は埃だらけ、雨が降れば泥水だらけになるんじゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイクの祭典7

再び、場内に戻ってみます。Kawasakiのリッターバイクがありますが、オイルクーラーからピンクと紺色のジャックの付いたホースとか、高機能エアクリとかが見えていて、黒の艶消しのマフラーなんかもさりげなく合っていて、凄みが有ります。ビッグバイクが5~6台並んでいるその手前には、これまたカッコいいチョッパーがあります。Fフェンダーの無い、ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイクの祭典.6

公園の会場に集まったバイク達は、各メーカー、各タイプ様々ですが、やはり似た様なバイクの近くに集まっていますね。では、これは何でしょう?(この絵は拡大して見ると、かなり細部まで見えます)そうです、暴走族ですね。ヤンキーぽい男女が、会場から出ようとしている所ですが、このバイクのマフラーというか直管パイプというか、長さが2メーターを遙かに超え…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

バイクの祭典.5

マッハⅢの排気音は、空冷2スト3気筒の500が生み出す独特の音でした。アイドリング時は、『バラッバラン、バリッバラン』とでもいうか、渇いた甲高い音で、空のブリキ缶を2~3個まとめて叩く様な、なんともやかましい騒音に近い感じでした。そこでふと思い出したのが、中森明菜さんの『TATOO』です。明菜ファンの人はもちろん御存じですが、あの曲のメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイクの祭典.4

KawasakiのMACHⅢ(マッハスリー)は、約40年前の学生の頃の私に、強烈なイメージを与えてくれました。(この絵はウェブ上の物を拝借しました)前回にも少し書きましたが、魅力は何と言っても、『気違いじみた』凄まじい加速です。爆発的とか強烈とかの言葉では、的を得ていませんね。コントロール出来ないほどの加速なので、『気違いじみた』という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイクの祭典3

このお兄さん、抜群にカッコいいですよね。フルカウルの黒のリッターバイクに乗って、ジーンズに焦げ茶色の皮ジャンがバッチリ決まっていて、ベルトに紐で繋いだ皮の財布を尻ポケットに突っ込んで、おまけにバイクのホイールに赤のラインが入っていて、ステンのマフラーの焼き具合といい、もう、すんごく様になっています。もし、俺が女の子だったら、『キャ~ッ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイクの祭典2

会場の広場には、凄い人数のバイク野郎たちと、バイクが集まっていました。僅かですが、女性もいます。これは、KawasakiのNinjaですね。『全身黒尽くめで、う~ん、速そうだな。』走り屋は走り屋で、大体同じ様な場所に集まっています。これは、40年前位に大ヒットした映画の『イージーライダー』の中に出て来たチョッパーのコピーですね。あの映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイクの祭典

I県の某公園に行ってきました。今は冬なので、この様なタダの公園に見えますが、しかし、ここでは、毎年1月2日に年に一回、新年のバイクの祭典があるんですよ。地元のバイク屋さんが主催して開催しているようですが、I県はもちろん、私の地元のS県からも、数百台のバイクが集まってきます。すんごいんですよ、これが!普通のバイクから、走り屋から、暴走族か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more