テーマ:人生

同窓会と人生

『同窓会』なにか良い響きの言葉ですよねえ。若かった頃の思い出と共に、甘酸っぱい様な気分が甦って来ます。ちょっと前に、私も大学時代の同窓会に出席してきました。某大学文学部英文学科を昭和49年卒ですから、38年も前に卒業したのですね。伊豆稲取の『まえだ苑』という、料理がおいしく、また女将さんの明るく気さくな人柄が心地よかった、こじんまりした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また、社会に出て働ける喜び

私は、この1年半ほど無職でした。働く意欲は有るのですが、60歳近い年齢と、長年営業の仕事をしていただけで、何の資格もスキルも無かったものですから、いくらハローワークに行っても、全然仕事は見つかりませんでした。仕方なく、ほぼ毎日図書館に行って、英語の勉強をしながら時間を潰していました。嫁さんが働いていて、私の預貯金も幾らかはあった為、生活…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

人生の基盤は健康な歯だ!

一昨日、私は虫歯を一本抜歯しましたが、体の一部が無くなると言う事は、とても悲しいものです。少し、まともな事を書きますが、充実した生き甲斐のある人生を送る上で、必要な物は何でしょうか?色々有りますが、その一つが、健康な体で有る事は間違いありません。そして、健康で有る為には、適度な運動と食事と睡眠とか、あるいは良好な血液の流れなどが注目され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他人の人生を手に入れる事が出来たなら

仮に、人間の望むあらゆる願いを叶えてくれる全知全能の神様がいたとしましょう。ただし、そのままでは人間の存在価値が無いですから、お金と、自分の肉体条件と、時間に関する三つの事はダメだとして、それ以外は総て希望通りに叶えて頂けるとしたら,その願いが叶った後に、貴方は幸せになれるでしょうか?言わば他人の人生を手に入れる様なものです。一つの例を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定年後の生き甲斐は女性でしょうか?(男性の場合)

6月28日のブログの続きです。高橋さんは、60歳の定年になったとは言え、生活環境とか経済状況から見ると、わりと恵まれた生活をしていて、とても幸せそうな感じがします。例えば、彼は以前勤めていたトヨタ東京カローラ時代の同僚の加藤さん(現在56才)と、たまに付き合いがあります。彼は今も現役のセールスマンですが、厳しい販売ノルマに追いかけられな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女は、女性に嫉妬する

今から18年前にTVでヒットしたドラマに、『ポケベルが鳴らなくて』がありました。その後、平成7年から22年に掛けて、2~3回、再放送されているので、ご覧になった方も多いかと思います。また、主題歌は平成5年の日本レコード大賞の新人賞を受賞したほどの大ヒットをしましたが、この歌の作詞者が、今をときめく『AKB48』の総合プロデューサーの秋元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕事人間と不倫の幸せとは?

ヨーロッパに実在していた人間で、非常に素晴らしいマルチな才能を発揮した軍人がいました。その人は、いろんな分野に、並はずれた才能を発揮していた、いわゆる天才だったそうです。政治、経済、文化などの分野において、国の経済を立て直したり、本を書いたり、各分野に驚くほど精通していた、歴史上の人物です。その人が、『軍隊はとても良いところだ。毎日、朝…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

年代によって幸せの基準はちがう

NTTに勤務する小宮さんは、同じ会社の総務課の礼子さんと意気投合して恋人の関係になり、毎日の行動パターンが一変しました。今までは、休日といえば、上野のロードマイク専門店に行って、半日ぐらい最新のバイクやパーツをチェックしたりして遊んでいました。夕方は池袋のゲーセンに行って遊んだ後、大塚の居酒屋の江戸一によって飲んだりもしていました。天気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼女が出来たら幸せでしょう

練馬区の小宮さんは、総務課の礼子さんと週末デートの約束をする事が出来ました。すると、昨日までの生活が一変しました。金曜日の朝起きた時から、周りの見慣れた景色が違って見えます。テキパキと身支度を整えて、いつもより30分以上も早く大江戸線の練馬駅に向かいます。明日のデートの準備をするために、今日は何が何でも残業をせずに、定時に会社を出るつも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総ての望みが叶ったら幸せだろうか?

『人は何の為に生きているのだろうか?』その答えは『愛』だけなのだ、なんて偉そうなことを、先日ブログで書きました。どういう事でしょうか?例えば、次の様な状況を考えてみましょう。小宮さんは25歳の独身男性で、練馬区のマンションに一人で住んでいます。仕事はNTTに勤務していて、年収は税込みで330万円ですが、マンションの家賃の8割を会社が負担…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び、人は何故生きているのか

人の生きがいとはなんでしょう?現代に生きる人間の生きがい、欲望とはどの様なものがあるでしょうか?人によって様々でしょうね。そこで、学問的な見方とか、宗教的な考え方に依っても分類が違うのは承知の上で、私の考える欲望の種類を述べますと、簡潔に言えば、それは以下の5種類になります。まず根源にあるのは、「生命欲」という欲望で、『これからも長く生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

では、人は何故今を生きているのか?

先日、人は何故生まれて来たのか、という内容のブログを書かせて頂きました。そして、その答えは『人が生まれて来た理由などない。生きている事の意義、意味もない。だから、今この場所で一生懸命いきるだけだ』でした。しかし、それでも『本当に生きる事の意味はないのだろうか?』という疑問も常について回ります。それを考える時、丁度いい題材が有ります。昨年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人は何のために生まれて来たのか?

この命題は、常に我々人間に問いかけてきます。そして、古今東西、年齢も人種も問わず、常に人類を悩ませ続けてきました。仕事が行き詰った時、恋人と別れた時、地震で家族や財産を失った時、不治の病に侵され病院のベッドに横たわっている時、、幾らでも有ります。しかし、『人は(私は)何故生まれて来たのだろうか?何のために生きているのだろうか?』という問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more