元人妻との恋はドキドキ、Part.4

彼女とベッドに雪崩れ込んで、いちゃいちゃしながら、キスしたり、胸を触ったり、ジーパンの上からですが、おま○この辺りを触ったりするのですが、なぜか、それらには抵抗しません。おまけに、セーターの下から手を潜らせて、素肌の背中を撫でたりしても、為すがままです。強く抱き合っているので、胸やお腹には、手が届きませんが、。普通なら、ここまでくれば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元人妻との恋はドキドキ、Part.3

ホテルでは、結局オチンチンが言うことを聞かず、お互いに不満を残したまま、デートは終わりました。しかし、暫くして、再びデートのチャンスがやってきました。今度は、私が彼女を迎えに行き、彼女の自宅から、車で20分くらい離れた場所にあった喫茶店に入りました。付近に喫茶店がないせいか、あるいはこのお店がかなり洒落ていたせいか、朝のモーニングタイム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元人妻との恋はドキドキ、Part.2

また、約一月振りのブログ更新です。彼女の抵抗にあい、とある公園の駐車場で車を停めました。そこで、また、なんだかんだ言いながら、30分ほどかけて、彼女を口説いて行ったのです。なんとかキスまで持ち込んでから、『ホテルに行こうよ』と言うと、なんと、彼女は『今、生理なの』と言います。『じゃあ、エッチしなくても良いから、ホテルに行こう』と言って、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元人妻との恋はドキドキ、Part.1

約三週間ぶりのブログ更新です。彼女と待ち合わせた駐車場では、職場の顔見知りの人が数人いたので、ひやひや物でしたが、なんとか切り抜けました。ただ、彼女の車の中で話している間中、彼女は私に抱きつかんばかりの態勢で、泣きながらハンカチで顔を押さえていたのですが、この様子を、向かいに駐車中の黒色の公用車から、怖い顔でじっと睨んでいる運転手がいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元人妻との恋は恐ろしい、Part.3

彼女からのメールは、今までと打って変わった、とてもしおらしい物でした。『誤解ですよ。あなたの思いはちゃんと伝わっています。私はあなたと別れたくない。一晩中おきてお返事を待っていました。私もあなたともっと会えるよう努力するから、別れるのを考え直してもらえませんか?朝までずっと泣いていて、顔が腫れてしまいました。これからマスクをして仕事に行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元人妻との恋は恐ろしい、Part2

(10月13日のブログの続きを今頃書いていますが) 彼女に『やはり遠距離恋愛は無理だったのか、残念だけど。』と、メールを送ると、しばらくして、彼女から返信が来ました。『言い過ぎました、ごめんなさい。謝ります。メールください』との内容でしたが、無視してほっときました。すると、またメールが届いて、『さようなら、は本気じゃないの。私が悪かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元人妻との恋は恐ろしい?Part1

彼女と、電話とメールだけの付き合いが始まって、一月ちょっと経った先週の日曜日に、事件?が起こりました。彼女からは、一日に何度もメールが届きますが、その夜は、小林可夢偉が3位に入賞したF1日本GPを見ていました。『今、なにしてるの?』というので、『F1を見ているんだ』と答えると、『私は興味がないから、ごめんね』とメールが帰ってきました。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元人妻との恋は苦しい?part5

彼女の胸をちょっと軽く揉んでみたのですが、やはり真っ昼間の混雑している駐車場です。私は左手を胸から離して、今度は彼女の髪に触れてみました。しかし、そこでまた、私の隣に車が入ってきました。仕方なく、彼女から体を離して、そっと『ホテルに行こう』と囁いてみたのですが、彼女は左右に頭を振るだけでした。しかし、それでも、私の車から降りる様子はない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元人妻との恋は苦しい?part4

彼女は、『それ、セクハラ』と言って、私の誘惑を拒否しましたが、その割に、私の車から降りようとはしませんでした。もし、本当に気分を害しているのなら、すぐ近くに彼女の車が駐めてあるので、さっさと降りて、帰れば良いのですが、そのままポルシェのシートに身を委ねています。そこで私は、『このまま別れるのは、ちょっとイヤだな。ちょっと肩を抱いてもいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元人妻との恋は苦しい?part3

M市の回転寿司に並んで座って食事をしていた時、『あなたはほんとにスリムになったね』と私が言うと、彼女は『そんなことないよ。ウエストなんか、こんなだもん』と、自分で自分の脇腹をつまみました。それを見た私は『えっそう?ちょっと、いい?』と、図々しくも彼女のそれをつまんでみたのです。すると、あまり脂肪らしい余分な肉もない、ちょっと柔らかくて薄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元人妻との恋は苦しい?part2

待ち合わせの場所に行ったとき、彼女が5年前と比べて、かなりスリムになっていたので、一瞬分かりませんでした。『あの、Gさん?』と聞くと、『そうです(^o^)』と答えます。彼女は驚くほど変貌していて、どこかですれ違った場合には、きっと分からないだろうと思いました。彼女は、今年買ったばかりの、新車のトヨタ車に乗って来たのですが、本革シート等が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元人妻との恋は苦しい?

二週間前の日曜日の朝、温泉でも行こうと部屋を出たとき、私の携帯が鳴りました。電話に出てみると、前の仕事をしていた時の、お客様の奥さんだったのです。その人は、約15年間ほど、S県H市に住んでいたのですが、5年前に離婚して、それが原因で、A県のT市の実家に帰ってしまいました。『あの、今日時間ありますか?』と彼女が尋ねてきます。『えっ、何です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポルシェとネズミ

6月末のある日、ポルシェでドライブに出かけようとしました。気温は暑からず寒からずで、絶好のドライブ日和ですねえ。ポルシェのボディラインは、この女の子のウエストから下腹部にかけての曲線に似ていて、とてもセクシーなのですよ。しかし、その時、ふと気が付いたのです。「オイルレベルインジケーター故障」という表示が、メーター内のモニターに出ているで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロードバイクの事故

昨日の7月4日、浜名湖周辺の100キロのコースをロードバイクでサイクリングをしてた時のことでした。自宅から50キロほど走ったころ、浜松市西区の湖東中学校近くの長~い上り坂を、午後3時ごろ上り始めました。体力的にはまだ余裕があったのですが、長い上り坂を登っていく途中で、『くっそうー、長いダラダラした坂だな!』と思い、ドロップハンドルの一番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学三年生の女の子の胸は?

今日、仕事で、S県西部の小さな街の郊外にある団地に行った時の事です。七階建ての2号棟に近づいたとき、一階の階段の入り口の所で、小学生の女の子達3人が遊んでいました。『何してんの?』と声をかけると、『シールの交換をしてるの』と答えます。『あっそう。君たちは、何年生なの?』と聞くと、髪の長い活発そうな、女優の菊川怜に似た女の子が、『私、三年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感動の志村魂

昨日、名古屋の中日劇場で、志村けんさんが座長の『志村魂』をみました。女優の『いしのようこ』さんが、20年ぶりくらいでこの芝居に出演するとの事で行ったのですが、本当に素晴らしかったですね。芝居の前半は、『ばか殿様』から始まったのですが、他のシーンの途中から、あの『いしのようこ』さんが、女子高生のセーラー服姿で出てきました。その時は、他の出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンティの不思議な匂い?

「八瀬かまぶろ温泉ふるさと」でお風呂に入った後、部屋に帰ってから、丹前のポケットに入っていた女性用のパンティを布団の上に広げてみました、というのが、前回のブログでした。『どうして、このTバックのパンティが丹前のポケットに入っていたのか?』考えてみると、前の宿泊客の女性が、風呂に入った後、汗でパンティが湿るのがイヤだったのか、或いは、体が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘れられたパンティ

5月3~4日に、京都へ行きました。清水寺を観光した後、大原方面に行く途中の、「八瀬かまぶろ温泉ふるさと」という民芸調の旅館に泊まったのですが、その時、胸と息子が熱くなる様な事があったのです。夜の食事が終わった後、風呂に行こうとして部屋を出ました。少し照明の暗い廊下を歩きながら、着ていた丹前の右側のポケットに手がふれた時、ちょっと膨らんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同窓会と人生

『同窓会』なにか良い響きの言葉ですよねえ。若かった頃の思い出と共に、甘酸っぱい様な気分が甦って来ます。ちょっと前に、私も大学時代の同窓会に出席してきました。某大学文学部英文学科を昭和49年卒ですから、38年も前に卒業したのですね。伊豆稲取の『まえだ苑』という、料理がおいしく、また女将さんの明るく気さくな人柄が心地よかった、こじんまりした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他人の意見に一々ケチをつけるのは良くない

人それぞれの考え方には違いがあり、いろんな場面で個々の人々が意見や感想jを述べています。現代のネット社会の特徴というか、弊害でしょうが、唯のお喋りから、裁判員制度や政策まで、場違いな事に対してまで、自分の意見を言わなければ気が済まない様な人達が増えていますねぇ。言論の自由とか、基本的人権は憲法によって守られている、とか言って、好き放題の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more