子供を虐待死させた親は死刑にしろ!

大阪で、3歳児の女の子が、両親に虐待されて死亡した、というニュースがありました。このようなニュースを知るたびに、極度の悲しみと、どう表現すればいいのか分からない無限の憐れみと、同情と、気が狂いそうな怒りを覚えます。なんという、無惨な事でしょう。亡くなった女の子に対して、もの凄い、絶望的な、息が詰まるほどの悲しみと、この胸が張り裂けるほどの痛み、苦しみ、声にならない叫びが生じます。本当に、ホントに、悲しくて、悲しくて、女の子が哀れで、なりません。寒空に薄着のまま放り出して、『ママ、入れて!』と泣いて訴えていたそうです。この文章を書いているだけで、私の目から、涙がボタボタ落ちてきます。
画像
この世に生を受けて、ほんの僅かな時間を生きただけで、亡くなってしまったのです。なんの落ち度もない、なんの罪もない、わずか3歳の女の子が、親に見捨てられ、死の世界へ追いやられてしまったのです。なんという無惨な事でしょう。なんという無念な事でしょう。あまりにも哀れで、バケツ一杯の涙が落ちても、この苦しい胸の痛みは変わりません。

幼児虐待、子供を虐待した両親は、即刻逮捕して、裁判なしで、問答無用で刑務所に放り込んで、生涯、死ぬまで鎖でつないでおくべきです。ましてや、幼児、子供を死亡させた場合は、理由の如何を問わず、あらゆる弁解の機会を許さず、一切の弁護もさせず、即刻死刑にしましょう。ぜひ、法改正をして、即刻、この両親を死刑にしましょう。

この記事へのコメント

おs
2017年05月12日 21:47
1億万回詫びて、同じ死に方で死んでいただきましょう。

この記事へのトラックバック