シブくてCOOLな西村雅彦

俳優の西村雅彦さんは、『王様のレストラン』でもいい演技をしていましたね。松本幸四郎さんが千石役でギャルソン、山口智子さんがしずか役のシェフ、そして西村雅彦さんは範朝(のりとも)役のディレクトール(支配人)で、他にも芸達者な役者さんが揃っていて、番組のテーマソングと共に大ヒットしました。
画像
山口智子さんは、パワフルで明るくてピュアな可愛さがあって、言う事なしでしたね。
画像
しかし、この番組がヒットした要因の一つは、物語のなかで西村雅彦さんが演じた、範朝さんの存在が大きかったと思います。いい加減で頼りなくて、自分勝手で、頭が悪そうで、良いところがないダメ男の典型みたいなのですが、なんとなく憎めなくて、結婚しているのに鈴木京香さん演じるバルマン役の愛人までいるのです。しかし、彼が時折見せるニコリともしない無愛想でシリアスな演技は、ただの甘ったるいコメディドラマをビリッと引き締めて、緊張感を与えていました。細身の長身でスラリと立ったまま(180センチ近くあります)、眼鏡の奥から細い目でジロッと見ている姿は、とても様になってCOOLでしたね。
画像
へらへらと自信なさそうに笑いながら、それでいてコワい表情で相手を見据えながらキツイ事を言えるのは、なかなかの演技だと思いますよ。今回、高島礼子さんと演じた刑事の役柄も、仕事のできる敏腕刑事の役がドンピシャにはまっていました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック