boxster

アクセスカウンタ

zoom RSS 胸焦がす禁断の恋.2

<<   作成日時 : 2015/03/27 21:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

彼女が、何故か不機嫌そうな顔をして、出勤して来ました。午後から外回りに出た時、『なんか、元気なさそうだね。体の調子が悪いの?』と声をかけてみました。『うん、体がしんどいし、関節のあちこちが痛いし、もう、マジえらい』と言う。それはそうだろう。毎朝4時半に起きて、旦那や子供の弁当と朝食を作って、洗濯物を干して、小さな子供を背負ったまま片付けして、立ったまま自分の朝飯をささっとすませ、子供を保育園に送ってから出勤して、職場ではちゃんと一生懸命仕事をやって、それが終わったら、すぐ、子供を保育園に迎えに行って、帰ってからは、犬の散歩に行って、また晩飯作って、、と、メチャクチャ働いているのだから。『その上、旦那は仕事が忙しいのは分かるけど、全然、家事も育児も手伝ってくれなくて、日曜日も疲れてるんだろうけど、寝たきりで子供の世話もしてくれない。私だって、メチャクチャ疲れてて、何度も会社を休んでるんだよ。それに、今は、会話もほとんどないし、エッチだって、私から「やらんの<`ヘ´>」と言わなきゃ、ぜんぜんやってくれないし、触ってもくれない。私から誘ってても、年に2〜3回やるくらいなんだよ。誘わなきゃ、ぜんぜんやらないし。こんなもんかなぁ?と思って、同年代のママ友に聞いたら、やりたくないのに、旦那から週に2〜3回求めらる、っていう子もいるんだよ。そのくせ、家の旦那は、スマホでエロ動画見ながら、一人で抜いてるんだよ。おかしくねぇ〜?昨日は、旦那の誕生日だったから、食事とか用意して待ってたのに、私が疲れて寝てしまった後に帰ってきて、私もちょっとは、って思ってたのに、、。これからも、ずっとこのまま、我慢しなきゃいけないのかな、、』と、かなり際どくエロっぽいグチを、涙目になりながら話してきます。
画像
私は聞き役になって、彼女の気が済むまで不満を聞きながら、『こんな可愛い女の子を放っといて、もったいないよなあ。オレだったら毎週やりたいけどな』と、フォローになるかどうか、ちっとも分からない慰めを言っていました。翌日、彼女は、打って変わって、明るく元気になっていました。『どうしたの?何か良い事あった?』と聞くと、『イヤイヤ、やってない、やってないよ』と、笑いながら答えます。『昨日、愚痴をしっかり聞いてもらったから、すっかり気が晴れたよ。○○さんは、気分が悪くなったでしょうけど、ありがとうね』なんて、言いました。しかし、その数日後、また、彼女の表情が暗くなっていました。『どうかしたの?』と聞くと、『わたし、離婚するかもしれない。マジ、このままじゃ、やっていけない』と、驚くような事を言うのです。そして、さらにその数日後の夜、私は自宅でテレビを見ながら酒を飲んでいたのですが、食事も終わった8時半ごろ、突然、彼女からメールが来ました。『飲み行く?』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
胸焦がす禁断の恋.2 boxster/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる