boxster

アクセスカウンタ

zoom RSS 人妻に胸かきむしる恋心.4

<<   作成日時 : 2014/06/15 08:33   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今日、ヤンママの彼女は、肩からちょっと下まである、半袖の白いブラウスを着て来ました。それがまた、可愛いんですよ(^_^)/~。ヘアスタイルも、長い茶髪を大きく二つに折って、バンドのような物で、後ろで留めてありましたが、妙に色っぽい!そして、彼女は、私の事を、時々『○○ちゃん♡』と、悪戯っぽい顔して呼ぶのですが、その度に私は、『その言い方はやめてよ♡』と言いながら、彼女の手などを、軽く抓ったりするのです。ところが、その日、そう言われた時、私は、彼女の薄い褐色の二の腕に、目が釘づけだったものですから、思わず、二の腕の内側を大きくつまんで、クニュッと抓ってしまったのです。そのすべすべした柔らかい感触は、なんとも言えない気持ち良さで、まるで、ヤンママのお尻か太股を触っている様な、セックスをしているかの様な錯覚を覚え、朝っぱらから、私の胸と下半身がズキズキしてきます。
画像
『いや〜っ、これは仕事にならんな』と独り言が出そうでした。午後から外回りをしていても、彼女のステキな顔と、ブラウス越しに見える胸の膨らみが目にちらついて、頬が緩みっぱなしになります。ある所で、お客さんから、『随分、楽しそうだね?』と言われて、『それは、こんな可愛い女の子と仕事しているんですから、楽しいですよ(^o^)』と答えてしまう始末です。彼女に『○○さん、この服、良いじゃない。とても、可愛いよ』と私が言うと、『私、褒められた事ないから、嬉しい』と、彼女も、笑顔で答えます。そして、その日は、職場の暑気払いの飲み会が予定されていたのです。そして、集合場所で待っていると、まるで別人の様な雰囲気の彼女がやって来ました。それとなくボディラインがわかる、薄いピンク色のワンピースに、黒のハイヒールで、私が大好きな黒のレースのストッキングをはいています。それでいて、まるで二十歳前後の、やんちゃな不良少女Aのような可愛い顔しているものですから、そのアンバランスな色気と相まって『ななっ、なんて色っぽくて、可愛いんだ!』と、心の中で叫び声がでます。まるで、これから、二人でデートに行くかのように、私のボルテージは高まってきました。つづく...。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人妻に胸かきむしる恋心.4 boxster/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる